ヤクルトドラ2明大156キロ右腕・星 高山先輩の内角攻める!

[ 2016年10月27日 05:30 ]

合宿所を訪れた橿渕スカウトと握手をかわす明大・星
Photo By スポニチ

 ヤクルトドラフト2位指名の明大・星が東京都府中市の同大グラウンドで橿渕聡スカウトから指名あいさつを受けた。

 真中監督が「必然」と書いたドラフト会場通行証を贈られ、先発も救援もこなせる156キロ右腕は「勝たせることが大事だが160キロ出してみたい」と意欲。同じリーグには大学の先輩、阪神・高山がおり「もし対戦したら内角をどんどん攻めたい」と不敵な笑みを浮かべた。速球だけでなく、変化球のレベルアップにも意欲的。現役時代にスライダーの名手だった伊藤投手コーチに「投げ方を聞いてみたい」と弟子入りを志願していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月27日のニュース