データ的にはまだ広島有利、2勝1敗チームの日本一確率76・6%

[ 2016年10月25日 22:48 ]

SMBC日本シリーズ2016第3戦 ( 2016年10月25日    札幌D )

<日・広>10回裏2死二塁、サヨナラ打を放ち、ウオーターシャワーを浴びる大谷(中央)
Photo By スポニチ

 第3戦を終えて2勝1敗となったのは過去に47度あり、そのうち36度はリードしている方が日本一となった。確率は76・6%で、データ的にはまだ広島が有利だ。

 広島が2勝1敗となったのは阪急(現オリックス)と対戦した1984年以来2度目で、その年は日本一になっている。

 日本ハムの1勝2敗は過去に3度。2007、09、12年といずれも敗れているが、前身の東映時代の1962年に1勝2敗1分けから阪神を破って日本一になっている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月25日のニュース