楽天 ドラ1候補は4投手 19日最終決断へ 2位までは投手

[ 2016年10月19日 05:30 ]

創価大・田中
Photo By スポニチ

 楽天は都内でスカウト会議を開き、1位候補を創価大・田中、桜美林大・佐々木千、明大・柳、履正社・寺島の4投手とした。

 19日に星野仙一球団副会長らを交えた会議で最終決断する。長島哲郎スカウト部長は「去年野手をたくさん獲ったし、今年は投手優先のドラフトになる」と2位までは投手を指名する方針を明かした。他球団と競合した際のクジ引き役が内定している立花陽三球団社長は、仙台市の榴岡天満宮で必勝祈願。おみくじの結果は「吉」で「(抽選を)引かせてもらえるなら、右手で引きます」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月19日のニュース