PR:

オリ ドラ1候補は創価大・田中か桜美林大・佐々木千?

創価大の田中(左)と桜美林大の佐々木千
Photo By スポニチ

 オリックスの福良監督が、20日に迫ったドラフト会議の1位指名で、文字通りの「即戦力投手」を希望した。

 『1年目から通用する』が、即戦力のうたい文句ではあるが、福良監督は「3月何日から投げられるか、をスカウトに聞きたい。6月とか7月には、と言われてもね。ケガがあるから少しゆっくりして、なんて言われても困るから」と、開幕ローテーション候補に入れることを指名条件に挙げた。

 チームは4年ぶりの最下位低迷。特に先発投手陣の駒不足が響いただけに、現場の指揮官としては譲れない条件だ。これまでのスカウト会議では、現状の1位候補として創価大・田中と桜美林大・佐々木の二者択一までしぼられた感はある。ただ、右肩違和感からの復帰となった田中に関しては、球団内でも「評価が難しい」との意見が出ており、19日の前日会議まで結論を引っ張る可能性が高そうだ。

[ 2016年10月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月24日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム