【ドラフト注目選手・大学生】急成長の桜美林大・佐々木千 超本格派の正義

[ 2016年10月18日 08:31 ]

創価大の田中(左)と桜美林大の佐々木千
Photo By スポニチ

 注目のドラフト会議が2日後に迫った。即戦力の呼び声高い投手を中心に、好選手が名を連ねるだけに各球団は頭を悩ませている。他球団の動向を見ながら、当日まで絞り込みが行われる見通しの中、侍ジャパンの高校日本代表・小枝守監督(65)、同大学日本代表・横井人輝監督(54)、JR東日本の堀井哲也監督(54)にそれぞれの世代の注目選手を聞いた。 (取材・構成 川島 毅洋、松井 いつき)

 【大学日本代表・横井監督】大学日本代表は投手力が高く、最少失点に抑えようというテーマを持って日米大学選手権に臨んだ。開幕投手に佐々木千(桜美林大)を指名した。同じリーグで戦ってきて昨年から日本を代表する投手になると思った。敵としては嫌な投手だし、全てが2ランクぐらい上がったよね。でも、田中(創価大)が代表入りしていたら開幕投手にしていたかもしれない。久しぶりにスケールのでかい投手が出てきた。彼が2年生の時の全日本大学選手権で見て、これは凄いと。超本格派だし、失敗しても吸収して、コツコツやれるタイプですね。

 田村(立大)はプロに行くべき人材だと思う。制球力もあるし、気持ちが強いのでクローザーで起用したいと思っていた。代表合宿でカーブの曲がりが小さかったので、抜き方を教えたら50、60球くらいで投げ方をつかんでいた。対応力と吸収力が素晴らしかった。即戦力になれる存在です。

 野手だと京田(日大)や吉川(中京学院大)。京田は安心して見ていられた。近年の遊撃の中では、一番良い素材なのでは。送球がいい。プロでも十分通用する。吉川は代表で二塁を任せた。今までやったことがない場所でも嫌がらずに取り組んだ吉川に救われた場面も多くあった。野性的な感覚で、気がついたらアウトにしている。お客さんを沸かせるプレーができる。まだまだ伸びしろがある2人です。

 4番を任せた大山(白鴎大)は右のパワーヒッター。あの力はアマ屈指だと思う。チームでは三塁だが、遊撃もできるし守備も悪くない印象だった。もっともっと進化する期待がありますね。

 ◆横井 人輝(よこい・ひとき)1962年(昭37)4月16日、愛知県生まれの54歳。現役時代は内野手。東邦で80年センバツに遊撃手として出場。東海大卒業後、同大助監督を経て、90年に東海大菅生監督に就任。同校を春夏4度の甲子園出場に導いた。07年夏、東海大監督に就任して14年全日本大学選手権優勝。昨年まで大学日本代表コーチ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月18日のニュース