バクスター4強 初進出に宮本監督「神ってますね」

[ 2016年10月17日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第60回全日本軟式野球大会2部第2日・準々決勝 ( 2016年10月16日    栃木県宇都宮清原球場ほか )

 4会場で2回戦8試合と準々決勝4試合を行い、バクスター(宮崎)、空挺ブルーレンジャーズ(千葉)、麒麟(高知)と開催地・栃木のCAMELが4強に名乗りを上げた。17日に宇都宮清原球場などで準決勝と決勝を行う。

 バクスター(宮崎)は14年ぶり2度目の出場で初の4強進出。宮本真一朗監督は「ここまで粘ってくれるとは不思議な感じ。神ってますね」と興奮気味に振り返った。8回、同点に追いつかれてなお1死二、三塁のピンチをしのぐと、直後の攻撃で2死から奥田、高橋と18歳の1、2番コンビの連打から2点勝ち越した。14年前の初出場時は初戦で野田市役所(千葉)に0―1で敗退。当時のエースだった宮本監督は「ここまで来たらテッペンを狙います」と高らかに誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月17日のニュース