ソフトB、千賀 先発全員12奪三振快投「勝ってくれて良かった」

[ 2016年10月8日 18:55 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<パCS第1S ソ・ロ(1)>ソフトバンク先発の千賀
Photo By スポニチ

 大事な第1戦のマウンドを任されたソフトバンクの千賀は150キロを超える直球や切れのあるフォークボール、スライダーで巧みに投球を組み立て、7回を4安打2失点。同点で継投に入ったため、自身には白星が付かなかったが「チームが勝ってくれて良かった」とうなずいた。

 1回に先頭打者の清田と4番のデスパイネにソロを食らったが「勝ったから言えることだが、ことしで一番立ち上がりが良かったので何とも思わなかった」。今季4勝と相性が良かったロッテ打線相手に先発全員の12三振を奪い、大舞台でも剛腕ぶりを発揮した

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース