ロッテ 逆転負けで崖っぷち、前向く伊東監督「切り替えていく」

[ 2016年10月8日 17:12 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<パCS第1S ソ・ロ>8回1死満塁、今宮に勝ち越し適時打を浴び降板する内(中央)
Photo By スポニチ

 ロッテは逆転負けを喫し、後がなくなった。6度目のファーストSで初めて初戦を落とした。初回に清田、デスパイネのソロ2発で2点を先取したが、先発・涌井が序盤で同点に追いつかれ、最後は内が勝ち越しを許した。

 伊東監督は「ワク(涌井)も粘り強く投げてくれた。いい形で先制できた。悲観することなく、切り替えていく」と前を向いた。9回にも2発目のソロ本塁打を放ったデスパイネは「勝てるチャンスはあった。外国人の性格として(ショックを)あまり引きずらない。明日勝つしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース