ソフトB“大分コンビ”躍動 初回2被弾の千賀救う「青ざめていたので」

[ 2016年10月8日 17:03 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<パCS第1S ソ・ロ(1)>8回裏1死満塁から今宮の左前打で生還した内川はベンチのナインと歓喜
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが“大分出身コンビ”の活躍でファイナルステージ進出へ王手。主将の内川が3安打2打点1本塁打の活躍を見せ、8回に今宮が決勝打を放った。

 初回に先発・千賀が2発を浴びた直後、反撃の適時二塁打を放った内川。初回の守りで千賀に声を掛けていた主将は「早いうちに1点返さないといけないと思っていた。千賀がものすごく緊張して青ざめていたので。『お前大丈夫か?』と言ったら、『やべえ』と言っていた」と明かし、満員のホークスファンから笑いが起こった。

 3回には試合を振り出しに戻す同点本塁打。「短期決戦なので良い結果が出るか悪い結果になるかの確率は5割。思い切ってやるしかないと思っていました」と振り返った。

 今季はシーズン終盤に日本ハムに逆転を許し、リーグ3連覇を逃した。「悔しかったけど、まだ日本一になるチャンスがあると監督も言ってくれた。日本一になるために福岡の皆さんの力を借りて頑張りたい」と力を込めた。

 8回1死満塁から決勝の2点適時打を放った今宮は、内川と同じ大分県出身。「前進守備だったので、何とかバットに当てたら最高の結果になりました」と決勝打の場面を振り返り、「明日必ず決めたいと思います!」と2連勝でのファイナルステージ進出を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース