HKT若田部遥ワンバン始球式「キャッチしてもらえてよかった」

[ 2016年10月8日 13:46 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>始球式を行う、HKT48の若田部遥
Photo By スポニチ

 CSファーストステージ第1戦、ソフトバンク―ロッテ戦(ヤフオクドーム)でHKT48の若田部遥(18)が始球式を務めた。

 CS「突破」を記念して「108」のユニホームで投じた一球は、ワンバウンドで捕手のミットへ。「前回4年前にやったときは大暴投だった。今回は真っすぐ投げられてキャッチしてもらえてよかった」とキュートな笑顔を振りまいた。

 注目の選手には松田の名前を挙げ「短い期間なので勢いが大切だと思う。底力を見せてほしいと思います」と日本一を目指すチームにエールを送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース