西武 西口氏が来季2軍投手コーチ就任へ 戦力外の星は2軍バッテリコーチ

[ 2016年10月8日 05:30 ]

現役時代の西口氏
Photo By スポニチ

 西武の来季2軍投手コーチにOBの西口文也氏(44)が就任することが7日、分かった。

 昨季限りで引退した後は球団編成本部に所属しながら、韓国・ハンファや台湾・統一で臨時コーチを務めた。今季限りで退団する小野寺2軍投手兼育成コーチの後任として、本格的に指導者としてのキャリアをスタートさせる。

 通算182勝の実績を誇り、人望も厚い西口氏は、将来の監督候補のひとりだ。球団幹部は「選手だけでなく指導者も育てなければいけない」と説明。2軍で指導経験を積みながら、「投手を中心とした守りの野球」をテーマに掲げる辻新監督を支えていく。またこの日、星孝典捕手(34)が戦力外を通告された。現役引退を決断した場合は2軍バッテリーコーチのポストが検討されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース