インディアンス ソロ3発で逆転先勝 大胆継投はまった

[ 2016年10月8日 05:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 ( 2016年10月6日    クリーブランド )

<インディアンス・レッドソックス>力投するミラー(AP)
Photo By AP

 インディアンスが一発攻勢で先勝した。1点を追う3回にペレス、キプニス、リンドアの3人がソロ本塁打を放ち逆転。両軍計6本塁打はア・リーグ地区シリーズタイ記録となった。

 かつてレッドソックスでワールドシリーズを2度制したテリー・フランコナ監督は5回途中からセットアッパーの左腕ミラーを投入。ミラーが2回、守護神アレンは1回2/3を投げ、球数はいずれも今季最多の40球に達した。大胆継投で逃げ切った同監督は「初戦は何としても勝ちたかった」と満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月8日のニュース