東邦・藤嶋 堀から2安打もプロでは「投手一本で」

[ 2016年10月5日 05:30 ]

国体高校野球硬式の部・準々決勝 ( 2016年10月4日    岩手県営 )

試合後、広島新庄・堀(左)と言葉を交わす東邦・藤嶋
Photo By 共同

 ドラフト候補、東邦(愛知)の4番・藤嶋は広島新庄・堀から2安打。投げては8回から登板して2回無失点に抑えたが無念の敗退となった。

 最速146キロ、高校通算49本塁打を誇る二刀流で調査書は10球団から届いているが「(今後は)投手一本でやっていきたい気持ちが強い」と投手一本で指名を待つ意向を示すと「プロの世界で1日も早く活躍したい」と瞳を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月5日のニュース