カージナルス正遊撃手 葬儀のため離脱 フェルナンデス投手と同郷

[ 2016年9月27日 14:16 ]

カージナルスのアレドミス・ディアス内野手 (AP)

 ボート事故で亡くなったマーリンズのフェルナンデス投手の葬儀に参列するため、カージナルスの正遊撃手、アレドミス・ディアス(26)がチームを離脱した。

 フェルナンデスとディアスは同じキューバ出身で、子どもの頃から旧知の仲であったとのこと。ディアスは遠征先のシカゴから葬儀の行われるフロリダへと飛び、26日に本拠地ブッシュ・スタジアムで行われたレッズ戦の試合中に戦列へ復帰したという。

 ワイルドカードを争うカージナルスにとって、レギュラー選手が抜けることは痛手。しかし、チームはフロリダ行きを許可し、マシーニー監督は「フェルナンデスのご家族がディアスの葬儀参列を望んでいた。彼は必要とされる場所に向かったんだ」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月27日のニュース