ソフトB サファテ、パ新42セーブ 昨季の自らの記録更新

[ 2016年9月24日 18:58 ]

パ・リーグ ソフトバンク4―3西武

(9月24日 西武プリンス)
 ソフトバンクのサファテ投手は24日、西武プリンスドームで行われた西武24回戦で4―3の9回に救援して無得点に抑えて今季42セーブ目を挙げ、昨季に自らが樹立したパ・リーグ記録を更新した。「とてもうれしい。自分でも喜んでいる」と話した。プロ野球記録は2005年に中日の岩瀬仁紀投手、07年に阪神の藤川球児投手がマークした46セーブ。

 来日6年目のサファテは2年連続で最多セーブのタイトル獲得も既に決まっている。今月7日にパ・リーグ史上初の2年連続40セーブを達成し、11日に41セーブ目を挙げてリーグ記録に並んでいた。横浜(現DeNA)、巨人で活躍したクルーン投手が記録した外国人投手の通算最多177セーブにあと3に迫った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年9月24日のニュース