巨人逆転サヨナラ!9回2死からギャレット2ラン、2日連続4打点の大暴れ

[ 2016年9月22日 16:34 ]

<巨・中>9回2死一塁、サヨナラ2ランを放つギャレット

セ・リーグ 巨人4―3中日

(9月22日 東京D)
 巨人は1点を追う9回2死一塁、ギャレットがバックスクリーン左へ逆転サヨナラ2点本塁打を叩き込んで劇的な勝利。9回から登板して1回無安打無失点に抑えた沢村が今季5勝目を手にした。

 ギャレットは初回、長野と阿部の安打で築いた2死満塁の好機で左前へ2点適時打を放って先制点をもたらすと、9回には劇的な23号2ラン。前日に続く4打点の活躍でチームを2連勝へと導いた。

 先発の菅野は4回までは中日打線を1安打に抑えていたが、5回に突如崩れて逆転を許した。2―0の5回に先頭のエルナンデスから3連打を浴びて同点とされると、続く6回には無死二塁から荒木に中前適時打を打たれて勝ち越し点を献上。それでも7、8回は無失点で終えて8回7安打3失点。先発の役目は果たしたが、4年連続2桁勝利はまたも持ち越しとなった。

 中日は0―2の5回に阿部の2点適時打で試合を振り出しに戻すと、6回に大島と荒木の連打で勝ち越しに成功。しかし9回から登板した田島がまさかの一発を浴びて勝利を逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年9月22日のニュース