イチロー打率急降下 スタメン復帰も4の0 チームは連勝ストップ

[ 2016年9月22日 11:27 ]

マーリンズのイチロー (AP)

ナ・リーグ マーリンズ3―8ナショナルズ

(9月21日 マイアミ)
 マーリンズのイチロー外野手(42)は21日(日本時間22日)のナショナルズ戦に「2番・右翼」で先発出場。17日のフィリーズ戦以来、4試合ぶりのスタメン復帰となったが、4打数無安打に終った。

 この試合でナショナルズの先発は好投手のシャーザー。イチローはサイ・ヤング右腕の前に初回の第1打席は3球で空振り三振。続く3回の第2打席は左飛で、6回の第3打席でも再び空振り三振に倒れた。

 3番手・ゼプチンスキーと相対した8回の第4打席も遊ゴロ。これでイチローは13日のブレーブス戦から7試合続けて安打がなく、打率は2割9分にまで低下した。

 試合はマーリンズが3―8で敗戦。18日のフィリーズ戦から続く連勝は3で止まり、勝率は5割に逆戻りとなった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月22日のニュース