【石井一久の視点】大谷「グッド」導いた大野の「グッド」リード

[ 2016年9月22日 08:05 ]

<ソ・日>8回1失点の大谷はスタンドの声援にガッツポーズで応える
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム2―1ソフトバンク

(9月21日 ヤフオクD)
 大谷は序盤は抜群に良いとは言えない投球内容だった。直球の制球は不安定で、フォークは抜けたり引っ掛けてしまう場面もあった。その時に頼りになったのがスライダー。今季はフォークよりも安定感がある。

 試合後、大谷に話を聞くと「パーフェクトよりもグッド(の投球)を目指した」と話してくれた。僕も大一番で経験があるが、立ち上がりしっくりこない時に、フォームのタイミングや変化球の切れなど完璧を求め過ぎると、歯車はどんどん狂ってしまう。「グッド」の投球でチームに勝利をもたらすことにフォーカスしたことで、徐々に投球がかみ合ってきた。

 その手助けをしたのが捕手・大野のリード。良くなかったフォークを使うべき場面ではあえて使った。普通は確率が悪いと、捕手は試合の中で「第3の球種」にしてしまうが、投げさせることで大谷の感覚が合ってきた。5回、1点差に迫られ、なお2死二、三塁では内川にフォークを2球(空振り、ファウル)続けて、最後はスライダーで遊ゴロ。6~8回は計13球投じて、空振りが6。一番苦しい3イニングを無安打で乗り切れた要因だろう。

 大谷は久々の「リアル二刀流」だったが、マウンドに集中し、大一番で勝てる投球を見せた。 

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年9月22日のニュース