黒田 “専属捕手”倉の引退花道飾る「いい形で送り出したい」

[ 2016年9月22日 05:30 ]

笑顔で走り込む黒田

 広島の黒田が、自身の「専属捕手」でもあった倉の引退を惜しんだ。05年春季キャンプでブルペンで球を受けた倉がいいミット音を出せずに怒った思い出を披露。「(先輩捕手の)西山さんと瀬戸さんが抜けたところなのに気持ちが緩んでいた。彼が一番上で引っ張っていく立場だったので。何回も僕の部屋まで謝りに来たことを覚えています」。

 黒田は、リーグ優勝が決定した10日の巨人戦(東京ドーム)以来、中14日で25日の本拠地最終戦ヤクルト戦に先発予定。球団関係者は「倉をどこかで出場させることを考えている」と引退試合でのバッテリー結成を示唆し、黒田も「いい形で送り出したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月22日のニュース