ギャレ 東京D20打点「コンパクトに振ること心掛けた」

[ 2016年9月22日 05:30 ]

<巨・中>3回2死満塁、右前へ2点適時安打を打つギャレット
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人5―2中日

(9月21日 東京D)
 本塁リプレー検証の結果、試合を決める一塁走者の生還も認められた。二塁ベース上で両手を叩いた巨人・ギャレット。一塁ベンチには控えめに左手を上げた。

 「フェンスまで届いて良かった。ベンチを含めてしっかりアピールしてくれた」。ダメ押し2点打は7回だ。1点を追加し、なおも2死一、二塁で右中間フェンス直撃の二塁打。一度は本塁クロスプレーでアウトと判定された一塁走者も、セーフになった。3回には2死満塁から均衡を破る右前2点適時打。4打点を稼ぎ、東京ドームで20打点。得意の横浜スタジアムの17打点を超えた。

 実直な性格。遠征先のホテルのエレベーターや新幹線の手洗い場。鏡を前にすると自然にスイングの形をつくり打撃フォームを確認する。中日・大野とは試合前時点で10打数1安打、打率・100。「コンパクトに振ることを心掛けた」とひた向きにバットを振った。

 最近5試合で1勝4敗。3位・DeNAの足音も聞こえ始めた中で助っ人が奮闘した。高橋監督も「いいところでヒットを打ってくれた」と称えた。22日の先発はエース・菅野。再加速で2位確定を目指す。 (川手 達矢)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月22日のニュース