オリ 代打・駿太がV打 2者連続死球で「気持ちが入った」

[ 2016年9月22日 05:30 ]

<オ・西>8回2死満塁、駿太が右翼線に2点適時打を放つ

パ・リーグ オリックス5―2西武

(9月21日 京セラD)
 オリックスは2―2の8回2死満塁で代打・駿太が決勝2点右前打。今季初のお立ち台では「中島さんので気持ちが入った」。この回、T―岡田と2者連続で死球を受けた中島が激高、グラウンドは騒然とした雰囲気となった。

 それでも中島は「続けて2回もインコースに来たから怒ったふりしたろ、と。内(内角)に投げにくくなる。一塁で笑いそうになったけど」とにんまり。見事な演技で決勝打を引き出し、チームの4連敗を阻止して笑顔だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月22日のニュース