陽岱鋼、好守で勝利に貢献 右脇腹痛も「優勝しか狙っていない」

[ 2016年9月21日 23:04 ]

パ・リーグ 日本ハム2―1ソフトバンク

(9月21日 ヤフオクD)
 日本ハムの陽岱鋼が好守で貢献した。7回の代打で空振り三振に終わったが、その裏の守備で今宮の左中間を抜けそうな打球をフェンスに体をぶつけながら好捕。2―1の9回2死二、三塁のピンチでは「フェンスまで全力で走って間に合った」と江川の大飛球を背走してつかみ取って勝利を決めると、グラブを高く掲げて喜んだ。

 右脇腹痛のため、4試合ぶりの出場。痛みがまだ引いていないが「ここまで来たら優勝したい。優勝しか狙っていないので頑張る」と力強く口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月21日のニュース