日大、東洋大が先勝 亜大は10連勝でストップ

[ 2016年9月21日 18:48 ]

 東都大学野球リーグ第3週第1日は21日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、日大は亜大に延長戦の末に3―2でサヨナラ勝ちし、東洋大は国学院大を3―2で破って先勝した。3季連続優勝を目指す亜大は昨季からの連勝が10で止まった。

 日大は同点の延長12回、2死一、三塁から京田の適時打で試合を決めた。東洋大は2―2の6回に押し出し死球で勝ち越し、2番手片山翔の好投で逃げ切った。

 国学院大―東洋大では、故寛仁親王の長女で国学院大の特別招聘教授を務める彬子さまが始球式をされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月21日のニュース