オルティス メジャー史に名を刻む!ラストシーズン史上最多の36発

[ 2016年9月21日 12:20 ]

レッドソックスのデービッド・オルティス (AP)

ア・リーグ レッドソックス5―2オリオールズ

(9月20日 ボルティモア)
 レッドソックスのデービッド・オルティス(40)が20日のオリオールズ戦で36号3ランを記録。この一発でオルティスは現役最後のシーズンとしてはメジャー史上、最も多く本塁打を放った選手となった。

 これまでの最多は1986年にデーブ・キングマン(アスレチックス)が記録した35本。2001年のマーク・マグワイア(カージナルス)と1960年のテッド・ウィリアムズ(レッドソックス)は29本で3位タイ。5位は2007年にバリー・ボンズ(ジャイアンツ)が記録した28本と続く。ただ、これはオルティスが引退を翻意しなければの話だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月21日のニュース