梨田監督が茂木に“援護射撃”「野手と投手の新人王を出しても良い」

[ 2016年9月21日 09:09 ]

楽天の茂木

 楽天の梨田監督が、新人王候補の茂木に援護射撃を送った。目下、打率・283で、リーグの新人では唯一、規定打席に到達。対抗馬の日本ハム・高梨も10勝を挙げていることもあり、指揮官は「(同一リーグから)野手と投手の新人王を出しても良いのでは」とダブル受賞を提案した。

 ハイレベルな争いとなった87年には近鉄・阿波野が新人王、日本ハム・西崎がパ・リーグ会長特別賞を受賞したことがあるが「阿波野と西崎は同じ投手。今回は違う。野手1人、投手1人でもおかしくない」と力説。ロッテ戦が雨天中止となり、完全休養した茂木にとっては、うれしいエールとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月21日のニュース