広島・松田オーナーが広瀬&倉ねぎらう「貴重な選手だった」

[ 2016年9月21日 05:30 ]

 広島の広瀬と倉の現役引退発表を受け、松田オーナーは「一つの時代を支えてくれた2人。貴重な選手だった」と労苦をねぎらった。

 広瀬については「守備の華麗さ、肩の強さ。玄人筋には評価してもらえる選手だった。あの肩はなかなかおらんよ」とし、将来的な指導者の可能性を示唆した。一方の倉についても「本当にまじめ。コーチになる器だと思っていた」と評価。本拠地最終戦で検討される黒田とのバッテリーには「いいね」と苦笑いだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月21日のニュース