京葉銀行・山崎佑が好投6回1失点 2年前の雪辱誓う

[ 2016年9月21日 05:30 ]

<京葉銀行・セーレン>キレあるスライダーで8奪三振をマークした京葉銀行・山崎佑

スポニチ主催天皇賜杯 第71回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント第4日 京葉銀行2―1セーレン

(9月20日 札幌円山)
 先発した京葉銀行の山崎佑が6回2安打1失点と好投。切れのあるスライダーで5回までは毎回の8奪三振をマークして試合をつくり「捕手を信じて自信を持って投げました」。

 連覇を狙った2年前は、決勝でSECカーボン(京都)に0―1で敗れた。「2年前はベンチで見ることしかできなかった。決勝ではチームに貢献したい」と、3年ぶりの優勝を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月21日のニュース