作新学院・今井、東邦・藤嶋らもプロ志望届提出

[ 2016年9月17日 05:30 ]

 日本高野連は16日、プロ志望届の提出者を新たに公表。「高校ビッグ4」の一角で今夏の甲子園を制し、U―18アジア野球選手権(台湾)の優勝にも貢献した作新学院(栃木)の152キロ右腕・今井達也投手、同じく高校日本代表に選ばれ投打で活躍した東邦(愛知)の藤嶋健人投手、二松学舎大付(東京)の149キロ左腕・大江竜聖投手らが提出し、計61人となった。また、全日本大学野球連盟も近畿大の畠世周投手らが提出したと公表し、計33人となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年9月17日のニュース