巨人 内海9勝目 3年ぶり2ケタ勝利へ「ここまで来たら何が何でも」

[ 2016年9月16日 21:35 ]

<巨・ヤ24>ヒーローインタビューでポーズを決める内海(左)と村田

セ・リーグ 巨人6―4ヤクルト

(9月16日 東京D)
 巨人は先発・内海が8回9安打2失点の好投で今季9勝目、打っては村田の20号3ランを含む2安打4打点の活躍で逆転勝利した。

 内海は初回こそ失点したものの、2回以降は無失点。8回9安打2失点と粘り強く投げ、3年ぶりの2ケタ勝利へ王手をかけた。

 村田とともにお立ち台に上がった内海は「毎試合、後押ししてもらっている。心強い」と打撃陣の奮闘に感謝しきり。10勝へあと1つとなり「ここまで来たら何が何でも」と力強かった。
 
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月16日のニュース