ヤクルト 東京Dで今季10連敗 巨人 村田が逆転弾

[ 2016年9月16日 20:49 ]

<巨・ヤ24>1回1死二、三塁 村田は左越え3ランを放ち内海(左端)に迎えられる

セ・リーグ 巨人6―4ヤクルト

(9月16日 東京D)
 巨人がヤクルトを逆転で下し、連敗を2で止めた。

 初回表に2点を先制されたが、その裏に坂本の適時打、村田の20号3ランで逆転成功。2回には小林の4号ソロが飛び出し、5回は無死一、二塁から村田が適時打。効果的に得点を重ね、先発・内海を盛り立てた。

 内海は初回こそ暴投でピンチを招き失点も、2回以降は無失点で切り抜けた。8回9安打2失点で今季9勝目を挙げた。

 ヤクルトは先発・デイビーズが5回をもたず降板。打線は12安打を放ちながら、つながりを欠いた。東京ドームで今季0勝10敗と、相性の悪さが浮き彫りになった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月16日のニュース