糸井 初回表の先頭打者初球本塁打を含む3発は史上初

[ 2016年9月16日 05:30 ]

<日・オ>7回無死、この日3本目の本塁打を放った糸井

パ・リーグ オリックス5-1日本ハム

(9月15日 札幌D)
 糸井が初のゲーム3ホーマー。初回先頭打者本塁打を含む1試合3本塁打は、93年タイゲイニー(オ)以来史上6人目。うち、3打数連続は61年中(中)、70年福本(阪急)の3打席連続に次ぎ3人目だ。また、初回先頭打者初球本塁打を含む3発は、裏に打った49年千葉(巨)以来だが、初回表のプレーボール本塁打を含む3本塁打は糸井が初めて。

 ≪初回先頭打者初球本塁打が同日に2本は4年ぶり≫糸井(オ)が日本ハム戦、桑原(D)が阪神戦でいずれも初回表先頭打者で初球を本塁打。初回先頭打者初球本塁打が同日に2本出たのは12年9月21日に聖沢(楽)、浅村(西)がともに初回裏に記録して以来5度目。今回のように2本とも初回表の「プレーボール本塁打」は史上初めてだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月16日のニュース