金子快投8回途中1失点 ふくらはぎ張りで降板も「問題ない」

[ 2016年9月16日 05:30 ]

<日・オ>オリックス先発・金子

パ・リーグ オリックス5-1日本ハム

(9月15日 札幌D)
 オリックスの金子が快投で敵地を沈黙させた。5回まで1四球だけの無安打投球。糸井が「ヒットを打たれなかったので、ちょっと(守備で)緊張していました」と振り返ったように独特の緊張感に包まれた。

 6回に中島に中前打を浴びてストップしたが、8回途中まで4安打1失点。降板理由は、両ふくらはぎに強い張りを感じたためだが、「投げたら迷惑が掛かると思った。問題ない。次もいけます」と大事に至らなかったことを強調した。これで7勝7敗と星を五分に戻し、次回は勝ち越しを狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月16日のニュース