151キロ右腕の創価大・池田8回2失点 巨人スカウト高評価

[ 2016年9月12日 05:30 ]

8回2失点と力投した創価大・池田

東京新大学野球 創価大10―2高千穂大

(9月11日 さいたま市川通公園)
 今秋ドラフト候補となっている創価大の151キロ右腕・池田が今秋リーグ戦初登板し、8回6安打2失点で勝利を挙げた。日米10球団26人のスカウトが視察する中、2回以降は無失点で最速148キロを計測。前日は156キロ右腕・田中が好投し「調子が悪い中でも勝ちを付けて凄いと思った」と刺激を力に変えた。

 6月下旬に右足首の遊離軟骨除去手術を行った影響を感じさせない力投に、巨人・山下哲治スカウト部長は「アウトローに決まる直球が良い。楽しみな投手」と評した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2016年9月12日のニュース