茨城ゴールデンゴールズ 初戦で消えた 片岡監督「私の責任」

[ 2016年9月4日 05:30 ]

<茨城ゴールデンゴールズ・ビッグ開発ベースボールクラブ>サインを出す茨城ゴールデンゴールズ・片岡監督

スポニチ後援第41回全日本クラブ野球選手権大会第2日・1回戦 茨城ゴールデンゴールズ1―6ビッグ開発ベースボールクラブ

(9月4日 西武プリンスドーム)
 茨城ゴールデンゴールズは2年ぶり4度目の優勝を狙ったが、打線が4安打に抑えられて3年ぶりの初戦敗退を喫した。

 0―1の5回2死三塁から敵失で追いついたが、9回に2番手の岩田が5失点。萩本欽一前監督から引き継いで6年目の片岡安祐美監督兼選手は「勝たせてあげられなかったのは私の責任。この負けを受け止めて、どうしていくか考えないといけないし、私自身も勉強しないといけない」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月4日のニュース