ロッテ 守護神・西野、復帰遅れる 本格的な投球練習再開できず

[ 2016年8月30日 18:21 ]

 右肘痛のため7月31日に抹消され、筋肉の炎症と疲労で全治3、4週間と診断されたロッテの守護神・西野の復帰が遅れる見込みとなった。

 8月30日にロッテ浦和球場の室内練習場でキャッチボールや走り込みなどを行い「まだ痛みは消えない。だいぶ遅れている。今季復帰したい気持ちはある」と話した。現在ブルペンで捕手を立たせて投げてはいるが、まだ本格的な投球練習は再開していない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年8月30日のニュース