オンドルセク オリオールズを戦力外に メジャー25人枠から外れる

[ 2016年8月27日 10:38 ]

元ヤクルトのローガン・オンドルセク投手

 オリオールズは26日に故障者リスト入りしていた救援左腕のマクファーランドをメジャー25人枠に登録。これにより、元ヤクルトのローガン・オンドルセク投手(31)が同枠から外れることになり、事実上の戦力外(DFA)となった。

 オンドルセクはレッズで5年間活躍した後、2015年からヤクルトに加入。同年にセットアッパーとして72試合に登板し、33ホールドをマークするなどチームのリーグ優勝に貢献した。

 しかし、今季は首脳陣に対して反抗的な態度を取り、6月に自宅謹慎処分を科されると、本人の希望もあり7月に退団が決定。7月29日にオリオールズと単年でのメジャー契約を結んだ。オリオールズでは7試合に登板して防御率9・95。途中、傘下2Aへ降格となるなど振るわなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年8月27日のニュース