レンジャーズ 救援右腕ジェフレスが飲酒運転で逮捕 過去にもトラブル

[ 2016年8月27日 09:04 ]

レンジャーズのジェレミー・ジェフレス投手 (AP)

 レンジャーズのジェレミー・ジェフレス投手(28)が26日の早朝に飲酒運転で逮捕された。FOXスポーツなど米国の複数メディアが同日に報じた。

 ジェフレスはテキサス州ダラスで身柄を拘束され、500ドル(約5万円)の保釈金を支払い正午には釈放されたとのこと。レンジャーズは同日にインディアンスとのナイトゲームが予定されているが、ダニエルズGMはこの試合にジェフレスを出場させない考えを明かし、「彼の行動にチームは失望している。今後は彼の代理人や大リーグ機構とコンタクトを取り、今回の件を処理する」とコメントしている。

 ジェフレスは今季がメジャー7年目の救援右腕。昨季はブルワーズでセットアッパーとしてリーグ7位タイの24ホールドをマークした。今季はクローザーに昇格して27セーブと活躍。トレード期限間近の7月末に捕手のルクロイとともにレンジャーズへ移籍した。トラブルは今回が初めてではなく、禁止薬物の使用で過去2度の処分歴。次回はリーグの規定により永久追放処分となる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年8月27日のニュース