中日 谷繁監督の休養発表 成績不振のため 森ヘッドが代行

[ 2016年8月9日 15:29 ]

休養となった中日・谷繁監督

 中日は9日、谷繁元信監督(45)がシーズン途中で休養すると発表した。

 成績不振が理由で、谷繁監督を支えてきた佐伯貴弘守備コーチ(46)も休養することになった。監督代行は森繁和ヘッドコーチ(61)が務め、同日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)から指揮を執る。会見を行った佐々木球団社長は「休養をお願いしたところ、了承してもらった」と説明した。

 谷繁監督は今季が4年契約の3年目。就任1年目の14年が4位、15年は5位に終わった。今季は現役を退き、監督専任で臨んだシーズンだったが、8日時点で104試合を終え43勝58敗3分け。48年ぶりの8カード連続負けこし中で、5位ヤクルトと1ゲーム差の最下位に低迷している。

 球団は2軍の辻発彦野手総合兼内野守備コーチが1軍の作戦兼守備コーチに、2軍の早川和夫守備コーチが1軍の守備コーチになることも発表。これにともない1軍の渡辺博幸内野守備コーチが2軍の守備コーチに配置転換される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月9日のニュース