常総学院・鈴木昭 映像300回見返した センバツの雪辱誓う

[ 2016年8月4日 05:30 ]

マウンドで投球練習をする常総学院・鈴木

第98回全国高校野球選手権大会・甲子園練習

(8月3日)
 今秋ドラフト候補の最速144キロ左腕、常総学院(茨城)の鈴木昭が過去2度のセンバツの雪辱を誓った。

 今春は1回戦で鹿児島実に2―6、昨春は準々決勝で大阪桐蔭に3―5で敗れ、両試合とも先発登板。当時の映像を合わせて約300回も見返し、悔しさを常に思い出してきた。この日はマウンドで6球を投じ「センバツの借りを返すために来た。春の課題は克服できていると思う。横浜と対戦して藤平に負けないように投球したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月4日のニュース