【滋賀】近江・京山 投打でけん引 3安打完封&先制2点打

[ 2016年7月28日 05:30 ]

<近江・高島>甲子園出場が決まり捕手・磯引(左)と抱き合う近江・京山(中央)

第98回全国高校野球選手権滋賀大会決勝 近江3―0高島

(7月27日 県立彦根)
 近江のドラフト候補右腕・京山は最後の打者を3球三振に仕留めると、力強く右拳を天に突き上げた。「夏の大会で三振を取って、優勝するのが小さい頃からの憧れでした」。最後の夏。思い描いた結末を実現させ、2年春以来の聖地に戻る。

 付けいるスキを与えなかった。初回から最速144キロの直球を軸に投球を組み立て。絶妙な制球力で高島打線をわずか3安打に封じ、二塁すら踏ませなかった。打っても0―0の6回1死一、三塁、左翼フェンス直撃の先制2点二塁打。「野手が打ててなかったので、自分で打ってやろうと思っていた」。まさにエースの独壇場だった。

 昨秋から今春にかけて腰痛に苦しみ、満足な投球ができなかった。その中で心の支えとなったのは多賀監督との“交換日記”だ。B5版のノート半ページ分に練習内容や思うことを書き込む。昨年2月からほぼ毎日、継続した。「内容もそうですが、字も力強く、上手になっていった」と証言する監督が最も感心した書き込みが「自分がどうなろうと、何が何でもチームを勝たせる」。心身ともに成長したエースが聖地で躍動する。 (桜井 克也)

 ▽近江(滋賀)1938年創立。バレーボールも盛ん。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月28日のニュース