DeNA筒香29号 7月13発!球団月間最多記録にあと1

[ 2016年7月28日 05:30 ]

<中・D>8回2死、筒香は右越えにソロ本塁打を放つ

セ・リーグ DeNA2―0中日

(7月27日 ナゴヤD)
 主砲の一発でDeNAが勝率5割復帰&自力優勝復活だ。8回2死走者なし。ここまで1失点と好投していた中日・大野に引導を渡したのは筒香のバットだった。

 カウント1―1からの3球目。真ん中高めに抜けたスライダーを見逃さなかった。右翼最前列への今季29号。「(先発の)ペトリックが粘って投げている中で野手が点を取れていなかった」と主砲の責任感で放った一打だった。

 これで7月は13本塁打。13年4月にブランコがマークした球団月間本塁打記録の14本にあと1本に迫った。後半戦8試合の打率は驚異の・577、7本塁打とチームの快進撃を支えている。ラミレス監督が残り50試合となった前日の中日戦から「クライマックスシリーズに行くことを考えると、最後の20試合よりも、ここからの20試合の方が重要」と「勝負の20試合」と位置づけた2戦目。主砲のバットで2連勝と好発進した。

 勝率5割復帰にも「ここで満足はしていない」と筒香。「監督が言っていたように上位がどのチームか関係なく、一試合一試合どうやって勝つかだけを考えていく」と上位チーム猛追へ、まだまだ打ちまくる。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月28日のニュース