【東東京】“都立の星”城東 逆転で帝京撃破 次は関東第一戦

[ 2016年7月25日 05:30 ]

<帝京・都城東>力投する都城東・関根

第98回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝 都城東7―6帝京

(7月24日 神宮)
 都立の星・城東が強豪私立・帝京を撃破した。9回2死一塁。プロ注目の最速145キロ右腕・関根は最後の打者を中飛に仕留め、両拳を突き上げた。12安打を浴びながら6失点完投し「30点。凄い疲れた。長かったな」と充実感をにじませた。

 初回、郡に先制2ランを浴びたエースを打線が援護した。1―2の3回に2年生・田中が「関根さんの助けになれれば」と人生初の柵越えアーチとなる逆転の左越え2ラン。この日が18歳の誕生日だった高野主将は6―4の7回に左翼線へ適時二塁打を放ち「私立の名門に勝てて勢いに乗れる」と笑みがこぼれた。

 14年夏の石川大会決勝で9回に8点差を大逆転した星稜にならい「必笑」がモットーの一つだ。優勝した01年以来15年ぶり、都立勢では東西東京で唯一の4強入り。次は春の都大会準々決勝で敗れた関東第一戦だ。関根は「ここからが勝負。絶対に勝ちたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月25日のニュース