【東東京】関東第一 わずか2球!連弾で9回逆転サヨナラ

[ 2016年7月25日 05:30 ]

<関東第一・修徳>サヨナラ弾の関東第一・佐藤佑(手前右)と同点弾の米田(同左)がスタンドに向かってガッツポーズ

第98回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝 関東第一3―2修徳

(7月24日 神宮)
 第98回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の地方大会は24日、34大会で91試合が行われ、全国で8代表が決定。東東京大会では関東第一が1点を追う9回に3番・米田克也外野手(3年)と4番・佐藤佑亮捕手(3年)の連続本塁打で修徳にサヨナラ勝ち。6年連続4強入り。25日は23大会47試合が行われる。

 土壇場でミラクルを起こした。1―2の9回、先頭の3番・米田が1ボールから狙っていた直球を振り抜き、逆方向の左中間席へ同点ソロ。3試合連続アーチに「打った瞬間、行ったと思った」と右拳を突き上げた。

 3回から救援登板した飯田から放ったチーム初安打が値千金の一発。4番・佐藤佑も続いた。初球のスライダーを捉え、左翼席中段へ人生初というサヨナラ弾。9回の攻撃前、ナインは米沢貴光監督から「恐れずに積極的に振ろう」と指示を受けた。見事に実践した2者連続アーチ。どん底から2球ではい上がり、佐藤佑は「最後まで諦めないのがこのチームの強み」と声を弾ませた。

 米田は16日の堀越との4回戦で9回にサヨナラ2ラン。ここまで4試合で打率・529、8打点、3本塁打と大暴れだ。昨夏甲子園4強入りした主力のオコエ(現楽天)から受けた「最後は気持ちだ」という金言を胸に刻む。「3年生の意地を見せようと思った。強気でいったから伸びてくれた」。村瀬主将は「まさか3試合連発とは…。神ってる」と笑った。

 今春センバツは1回戦で東邦に0―6で敗戦。帰京後、チームの合言葉は「センバツの借りを夏の甲子園で返す」になった。佐藤佑は2月に父・光靖さん(享年48)が他界。最後の言葉は「(甲子園で)優勝してこい」だった。ツーショット写真を大切にバッグにしまっている主砲は「ホームランボールは(父に)届けたい。夏に絶対リベンジしたい」と誓った。

 昨夏から続く都内の公式戦連勝記録を23に伸ばし、3季連続の甲子園まであと2勝だ。「この代は終盤に目に見えない強さがある。あと2つ死に物狂いで勝ちたい」と指揮官。米田は「甲子園の悔しさは甲子園でしか返せない」と言い切った。 (青木 貴紀)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月25日のニュース