【東東京】帝京 ミスで敗退 プロ注目の郡初回2ランも空砲

[ 2016年7月25日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝 帝京6―7都城東

(7月24日 神宮)
 帝京は3年ぶりに4強に残れなかった。2―3の4回の守りで、1死一、二塁からゴロを処理した一塁手が二塁へ悪送球。2人の生還を許した。

 前田三夫監督は「ミスは野球が狂う。想定外のミスがあると流れが来ない」と嘆いた。初回に先制2ランを放ったプロ注目の郡(こおり)は「甲子園に行かないと意味がないので悔しい」と振り返り、進路は「ほぼプロで決めている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月25日のニュース