岩隈 3安打の青木に感謝「チームにいてもらわないといけない存在」

[ 2016年7月24日 07:04 ]

ブルージェイズ戦に先発したマリナーズの岩隈(AP)

 米大リーグ、マリナーズの岩隈は23日(日本時間24日)、トロントでのブルージェイズ戦に先発し、7回98球を投げて4安打2失点、自身5連勝で今季11勝目(6敗)をマークした。青木は「1番・左翼」で先発出場し、6打数3安打2打点と活躍。マリナーズは14―5で快勝し3連勝。

 ▼岩隈の話(今季11勝目に)立ち上がりは苦しい投球だったので暑さも感じ、集中力も切れてしまいそうだったが、とにかく真ん中でもいいから腕を振るという気持ちで攻めた。(青木の活躍に)ノリがああいう形で打ってくれたのが、大量得点につながったと思う。チームにいてもらわないといけない存在。

 ▼青木の話(今季初の1試合3安打に)メジャーの舞台で3本出たのはやっぱりうれしい。岩隈の援護もできたし、良かった。(相手投手のナックルボールは)速いのと遅いのを投げ分けているから厄介。積極的に振っていかないことにはヒットは出ない。(岩隈の11勝目に)試合展開を見ながら投げて、しっかり仕事をこなしているなという感じ。(共同)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年7月24日のニュース