中日 近藤コーチJr.弘基が支配下昇格「やっとスタートライン」

[ 2016年7月14日 12:35 ]

2014年、新入団選手発表で笑顔の近藤弘基(左)。右は父親の近藤真市1軍投手コーチ

 育成から支配下登録された中日の近藤弘基外野手(23)が14日、名古屋市内の球団事務所で会見を行った。育成2年目での昇格に「うれしい気持ち。やっとスタートラインに立てた。守備の方を評価していただいたと。これからもっともっと頑張っていかないといけない」と笑顔。

 父親は1軍の近藤真市投手コーチ。「一緒に(1軍で)やりたい気持ちがある。一番
の親孝行になる。結果を残して1軍に呼ばれるようにやっていきたい」と決意を新たにした。

 父である近藤投手コーチも「本人が、今年は絶対に支配下になると言っていたので何とかなればいいなと思っていた。これからが本当のプロ野球選手としてのスタートだと思うし、今までよりもっと苦しい壁にぶち当たることもあると思う。感謝の気持ちを忘れずに日々努力して頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。背番号は67に決まった。推定年俸は440万円。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年7月14日のニュース