西武 粘投ポーリーノを援護できず 不振のおかわり休養も

[ 2016年7月13日 05:30 ]

<西・楽>7回途中5失点で3敗目のポーリーノ

セ・リーグ 西武1―5楽天

(7月12日 西武プリンス)
 西武は粘投の先発・ポーリーノを打線が援護できず、借金はワーストタイの13。再び5位に転落した。

 3回2死一、二塁、5回2死満塁で4番・中村が凡退。4打数無安打に終わった。今季は股関節痛などで戦列を離れ、今月1日の復帰後は11試合で打率.195。田辺監督は「下半身に粘りがないように感じる。ちょっと(状態が)上がってこないね」とし、13日の前半戦最終戦では打順を動かすか、スタメンから外して休養させる可能性を示唆した。中村自身は「ノーコメントで」と言葉少なだった。

 ▼西武・ポーリーノ(6回まで3安打2失点も、7回に3失点して3敗目)要所で抑えられなかったのが反省点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月13日のニュース