DeNA 今季初登板の国吉、2回途中4失点降板「申し訳ない」

[ 2016年7月10日 19:40 ]

セ・リーグ DeNA7―10巨人

(7月10日 東京D)
 DeNAの国吉は今季初登板で先発を任されたが、2回途中4失点と試合をつくれなかった。序盤から制球が定まらず、一、二回とも2死走者なしから失点。チームが3連敗となり「申し訳ない。(1軍登板の)チャンスを生かせなかったのは悔しい」と暗い表情で話した。

 9連戦の6戦目で5人の救援投手をつぎ込んだ上に敗戦。ラミレス監督は「国吉に仕事をしてもらえなかった。非常にタフな試合になった」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月10日のニュース