西武 逃げ切り失敗、6カード連続負け越し 指揮官「難しかった」

[ 2016年7月6日 22:30 ]

パ・リーグ 西武4―5ロッテ

(7月6日 QVCマリン)
 西武は逃げ切れずに6カード連続の負け越しとなった。先発のポーリーノが3―2の7回2死から同点とされる。ベンチは左腕の武隈にスイッチしたが、代打細谷に三塁打、続く角中にも中前打を浴びて計2点を勝ち越された。

 継投が決まらず、田辺監督は「今のチーム状態だと僅差はきついところがある。(継投は)難しかった」と嘆き節。9回に1点差に追い上げただけに、7回の3失点が響いた形となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース