荒木 きっちり犠打も…リーグ記録に1と迫る46打席連続無安打

[ 2016年7月6日 20:15 ]

セ・リーグ 中日4―1広島

(7月6日 金沢)
 中日の荒木が6日、金沢で行われた広島戦の7回、無死一塁で先発投手のバルデスに代わって代打で出場。投前へきっちり送りバントを決めたものの、46打席連続無安打となってしまった。

 野手としてはセ・リーグ2位となり、59年の吉沢岳男(中日)のリーグ記録まであと1打席となってしまった。

 荒木は6月9日のオリックス戦の第3打席で安打を放って以来安打はない。しかし8四死球、3犠打を記録している。

 野手としてのプロ野球記録は93年のトーベ(オリックス)で、53打席連続無安打を記録している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月6日のニュース